歩いてバンコク三大寺院巡りをする際のおすすめルートと注意点

タイ

バンコクを訪れたらワット・アルン、ワット・ポー、ワットプラケオの三大寺院は見ておきたいですよね。実はこの三つの寺院、近い場所に位置しているため1日あれば歩いて回れちゃいます。

今回は歩いてバンコク三大寺院巡りをする人のためのおすすめルートと寺院を訪れる際の注意点などを紹介します。

バンコク三大寺院をざっくり紹介

まずはバンコク三大寺院について位置関係どのようなお寺か料金などを簡単に紹介します!

関連記事:週末にバンコクを訪れるならチャトゥチャックウィークエンドマーケットでお土産を買え!

三大寺院の位置

赤のピンワット・プラケオ青のピンワット・ポー黄のピンワット・アルンです。

なんと3つの寺院を結んだ距離はわずか2kmなのです。逆に徒歩で行かないで何で行くんだって感じですね。

海外でバスを使うのはなんだかハードルが高いし、かといってタクシーを使う距離でもありません。体力や時間に余裕がある方は歩いていくことを強くお勧めします!

詳しいルートは後程説明しますが、今回は僕が実際に使ったルートのワット・プラケオから歩いてワット・ポーに行き川を渡ってワット・アルンまでの行き方を紹介します。

ワット・プラケオ

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

よねやん Taisei Yoneyamaさん(@yoneyann_)がシェアした投稿

正式名称はワット・プラシーラッタナサーサダーラームです。何といっても金の仏舎利塔が荘厳な雰囲気を漂わせてますよね。

wat phra kaew

服装チェックを終えて門をくぐると、入場口まで広場となっています。外国人ツアー客などが列を作って歩いていたり、写真を撮る人たちが柵の手前で写真を撮っていたりします。

wat phra kaew

この塀から仏舎利がチラ見えしてるところがなんともたまらないですよね。(笑)

the ticket of wat phra kaew

500バーツ(約1700円)のチケットを購入して、入場ゲートへ。ワット・プラケオは三大寺院の中でも一番人気なので毎日混雑しています。

服装チェックからチケット購入、入場までで20分ほどかかります。

ワット・ポー

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

よねやん Taisei Yoneyamaさん(@yoneyann_)がシェアした投稿

正式名称はワット・プラチェートゥポンウィモンマンカラーラーム=ラーチャウォーラマハーウィハーン。

!?

名前長い。(笑)

バンコク最古の寺院で、黄金の涅槃仏(ねはんぶつ:釈迦が入滅する様子を仏像として表したもの)が有名です。

なんと、渾身のミスで写真を撮るのを忘れてしまいました。

the ticket of wat po

100バーツ(約350円)でチケットを購入。ワット・ポーの入場券にはお水が無料でもらえるFree Drinking Waterチケットが付属しています。この日はとても暑かったのでかなり嬉しかった思い出があります。

free water ticket

入場口をまっすぐ行ったところに交換所があるので交換してもらいました。

ワット・ポーはワット・プラケオの後に訪れると見どころが少なく感じてしまい、すぐに見終わっちゃいます。ただ、涅槃仏を見るためには列に並んで本堂に入らなければならないので熱中症には注意です!

ワット・アルン

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

よねやん Taisei Yoneyamaさん(@yoneyann_)がシェアした投稿

正式名称はワット・アルンラーチャワラーラーム。三島由紀夫の『暁の寺』の舞台にもなっています。

僕は個人的にここが一番好きですね。わかるかなあ、飾らないシンプルなつくりなのにどこか壮大さを感じる。

金閣寺より銀閣寺が好きな感覚に似ています(笑)

the ticket of wat arun

50バーツ(約170円)でチケットを購入。ワット・アルンは敷地全体が白基調でかなり澄んだイメージですね。

川のすぐそばに建てられており、夜にはライトアップされているためそれを見に少し遅めの時間に訪れるのもいいのではないでしょうか。

料金まとめ

お寺料金
ワット・プラケオ

500バーツ

ワット・ポー

100バーツ

ワット・アルン

50バーツ

スポンサーリンク

三大寺院巡りおすすめルート

バンコク市内からカオサンへ

ホテルなどに泊まっている方はカオサンから離れたサイアム方面からくる方が多いかと思います。

都市部からカオサンに行く場合は電車を使ってMRTフアランポーン駅もしくはBTSラーチャテーウィー駅からタクシーを使っていくのが一番安いです。

ただ、駅前にはぼったくりタクシーが多いのでもし乗る際はメーターを必ず立ててもらいましょう。僕はUberやGrabを利用してタクシーを呼ぶのをおすすめします。

赤いピンがカオサン、青のピンがMRTフアランポーン駅、緑のピンがBTSラーチャテーウィー駅です。

タクシーの運転手には「カオサン」と言えば必ず連れて行ってもらえますよ。

カオサンからワット・プラケオ

一人旅でバックパックをしているかた、宿泊費を抑えるためにゲストハウスなどに泊っている方はカオサンに拠点がある人が多いかと思います。

カオサンからワット・プラケオまでは歩いて20分ほどです。カオサンから向かう途中にはセブンイレブンなどにコンビニなどもあるためお金をおろしたり飲み物を買っておくといいですね。

ワットプラケオからワット・ポー

ワット・プラケオからワット・ポーまでは歩いて5~10分ほどです。

ワット・プラケオは世界中から観光客が集まる人気観光地なので、出口にはトゥクトゥクやタクシーが多数待ち構えています。捕まらないように頑張りましょう(笑)

ちなみに、ワット・プラケオは入口と出口が別方向なので出る際は位置を確認しておくといいです。

ワット・ポーからワット・アルン

ワット・ポーからワット・アルンに行く際は船を使って川を渡ります。

船乗り場はワット・アルンをすぐ出たところにあります。

料金は4バーツ(約13円)です。船は出航時刻が決まっておらず、人がいっぱいになったら出発するという感じです。常に往復しているので心配はいらないです。

station

乗り場のすぐ手前はお土産屋さんっぽい店がたくさん並んでます。

船は意外と揺れます。乗船時間は5~10分ほどですが乗り物酔いしやすい人は要注意かもしれないです。

船を降りたら目の前がワット・アルンです!休憩場が隣接しているので一休みしてから行くといいでしょう。

寺院を訪れる際の注意点

服装

これらの施設は仏教寺院ですので、肌の露出など服装に厳しいです。

特にワット・プラケオを訪れる際は男の人は半ズボン、タンクトップ禁止、女の人もなるべく肌の露出が少ない恰好をするのがベストです。

洋服の貸し出しもしているようですが、衛生的によくないので必ず服装は男性はTシャツに長ズボンと靴、女性も足の見えないズボンと靴、スカーフなど上半身が覆えるものを持っていくといいでしょう。サンダルもNGです。

おすすめはタイパンツを購入することです!通気性もいいし太陽光に直接あたるのも防いでくれます。使った後は自分用のお土産としても持って帰れますしね。

適度に休憩

一日中歩いているとまっじで疲れます。ほとんどずっと日を浴びているので体力は思っているよりも持ってかれます。こまめに休憩、水分補給をして急いで回らないようにしましょう。

三大寺院は観光名所なので、付近には必ずアイスや飲み物を売る屋台が出ています。カフェなども近くにあるので疲れを感じたら必ず休憩して、無理のないようにしましょう!体調管理も旅行の一環です!

おわりに

バンコクを訪れた際は制覇しておきたいバンコク三大寺院。1日時間が取れる方はぜひゆっくりバンコクの街並みを楽しみながら寺院巡りしてみてはどうでしょうか!


プロフィール
この記事を書いた人
よねやん

青学に通う現役大学3年生
埼玉県出身
旅行とカメラが趣味
自分の好きなこと、思ったことを発信中

よねやんをフォローする
タイ
スポンサーリンク
よねやんをフォローする
WALK NIPPON

コメント

  1. […] 関連記事:「歩いてバンコク三大寺院巡りをする際のおすすめルートと注意点」 […]