EvernoteのテキストをWordPressへコピペする際の注意点

未分類

クリエイターの方はよくEvernote(エバーノート)を利用していますよね。ちょっとしたメモやノートがすぐに他端末と同期できますし、ブログの下書きをしておいてすぐに記事が投稿できます。

外出が多くてPCを持ち歩けない人はiPhoneでEvernoteに下書きをしておいてあとでコピーペーストすれば、ブログを書く効率もぐんと上がります。

今回はWordPressでEvernoteにある下書きをそのまま記事にする際の注意点をお教えします。

 

Evernoteからのコピペはhtmlに直接!

 

結論から言ってしまうとEvernoteの文章をWordPressにコピペする場合は書式が反映されないhtmlにテキストのみするようにしてください。

でないと、余計なタグや書式が編集の邪魔をしてしまうからです。

 

僕は最近iCleverというBluetoothのキーボードを購入し、iPhoneのEvernoteを使ってPCを持ち歩かなくてもどこでも記事が書けるようになりました。

そこで先日初めてEvernoteに下書きした記事を投稿しようと思い、以下の手順でコピペしました。
  1. iPhoneからPCへ同期
  2. PCでEvernoteを起動し該当箇所をコピー
  3. WordPressの編集ページ(ビジュアル)にペースト
  4. 編集してプレビュー

これで完璧だろうとプレビュー画面を見ると、びっくりしました。

編集の時点で段落わけや改行をしていたのにも関わらず全く反映されていなかったんです。

上の手順を実際の記事の一部で再現してみました。

iPhoneのEvernote

まずスマホの下書きをPCに同期します。

PCのEvernote

 

記事にする下書きをコピーします。今回は試験的に一部のみコピーしました。

 

WordPress投稿画面(ビジュアル)

 

ワードプレスの記事編集画面を開き、新規記事のところにコピーした下書きをペーストします。この時コピーしたところはビジュアル画面、つまり編集画面にある行間や文字の大きさ、段落がそのまま記事に反映されるように見ながら編集できる画面です。

ここまでは順調ですよね。

単にコピーしてペーストするだけですから。ではここでプレビューしてみましょう。

プレビュー画面

あれ、、、

記事の編集時には改行できているのに、プレビューしてみると文がつめつめで読みずらい。

おかしいと思い、再び編集画面へ。

今度はビジュアルではなくテキスト画面で見てみました。切り替えは右上にある赤丸の部分をクリックするとできます。

WordPress投稿画面(テキスト)

すると、普段はいじらないhtmlが大変なことに。

<div>というタグが勝手に入ってしまっています。これはディビジョンタグと言ってタグでくくられた文章をブロック化してしまうタグです。

おそらくEvernoteからコピペするとこの<div>タグが挿入されてしまうようです。つまり先にタグが挿入されてしまっているのでいくらビジュアル画面で改行してもhtmlのテキストには反映されないのです。

 

これは困ったと思いましたが、解決策は簡単でした。

Evernoteからコピーした文章はビジュアルの画面ではなくテキスト画面にペーストすることです。

htmlにペーストすれば書式は反映されずにテキストのみがペーストされるので余計なタグも入らなくて済みます。

さっそくやってみました。

htmlにコピペ

テキスト画面でペースト。そしてプレビューしてみると、

プレビュー画面

しっかりテキストのみ反映されていました!

あとはビジュアル画面で行間をいじったり段落付けすれば今まで通り作業できます!

 

おわりに

いかがでしたかでしょうか?

Evernoteを活用した執筆は、電車の中などの移動時間でもできるため効率化がはかれます。

今ではEvernoteにある文章をそのままWordPressに同期できるプラグインがあるようですが、余計なプラグインをいれたくないという方や、コピペのほうが楽だからこれでいいという方は上の方法でじゃんじゃん記事を書いていきましょう!

 

Evernoteの下書きから記事にしたものはこちらです!
みんなどうしてる?失敗しない旅行計画の立て方


プロフィール
この記事を書いた人
よねやん

青学に通う現役大学3年生
埼玉県出身
旅行とカメラが趣味
自分の好きなこと、思ったことを発信中

よねやんをフォローする
未分類雑談・アイデア
スポンサーリンク
よねやんをフォローする
WALK NIPPON