【日本一周の持ち物は?】出発前にチェックしておくべき5つの項目

日本一周

こんにちは!軽バンで車中泊をしながら日本一周をしているよねやん(@yoneyann_)です!

日本一周に行くときに必要な物って実際に行ってみないとわからないものですよね。
思わぬ場面で活躍するものもあれば、持って行ったけど使わなかったものなど。

そこで今回は

「日本一周しようと思うけど、何を持っていけばいいの?」

とこれから日本一周、または長期間の旅を計画している方が出発の前にチェックしておくべき5つの項目を紹介します。

 

 日本一周の持ち物チェックリスト

まずはじめに、日本一周する際の持ち物を選ぶポイントとして覚えておいて欲しいのが「過不足なく」です。

多くの人が持ち物を考えているうちに「これも必要そう」「あったら役立つかな」と持っていったら使うだろうと気づかぬうちに余計な荷物を増やしがちです。

荷物が増えてしまえばバイクや自転車に負担がかかったり、車のスペースを邪魔したりと「持ってこなければ〜」ということが起きてしまいます。

そのため旅の荷物は最低限で大丈夫です。

特に日本一周であれば言葉が通じないなんてこともありませんし、都市部に行けばほとんどのものは手に入る。
もし本当に必要になった時には旅先で買ってしまえば問題ありません。

余計なものを買い揃えてしまってもったいないのは「余計なお金を使ってしまった」ということでもあります。

そのお金があれば美味しいものが食べられたかもしれないし、ちょっといい温泉に浸かれるかもしれませんよね。

余計な出費を抑えるためにも荷物の取捨選択は重要な作業になってきます。

 

以上のことを踏まえてチェックして欲しい項目は5つ。

  1. 寝具・テント
  2. 衣類
  3. 電子機器・ガジェット
  4. 自炊道具
  5. 生活雑貨・消耗品

日本一周で必要な荷物をざっくりとまとめて上の5つに分類しました。

 

過不足ないように「最低限」を意識して!
必要になったら買えばいい。

寝具・テント

日本一周の持ち物でもっとも重要な役目を果たすのが寝具やテントなど睡眠に関わるものです。

旅の移動手段は車、バイク、自転車など様々ですが長時間の運転のための集中力を最大限に引き出すためには睡眠の質をあげなくてはなりません。

 

集中力の低下は大きな事故やケガにつながります。
せっかくの旅が台無しにならないよう寝具に使うお金はケチらないようにしたほうがいいでしょう。

寝具で必要なものは?

日本一周する際に必要となる寝具は主に以下の5つになります。

  • 寝袋(レインコート)
  • 銀マット
  • テント
  • エアーマット・マットレス

自転車やバイク旅をするつもりの方は5つ全て揃える必要があります。

車中泊の方はテント以外に必要なものを揃えるといいでしょう。
ただし、冬に旅をするつもりの方は冬の車中泊は車の中とはいえとてつもなく寒いので寝袋や銀マット、マットレスは必須アイテムです。

ホテル泊の方はどれも必要にはなりません。
ただし自転車やバイク、車での移動が予定通りにいかなかったりする場合もあります。

そういった場合に備えて最低限の荷物は持っていてもいいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

衣類

 

衣類の選抜は旅の荷物に大きな影響を与えます。

特に長期の旅の場合、最低限かつ不足のない量の服を持っていかないと「持ってきたのに着てない」など旅の邪魔になってしまう可能性もあります。

洗濯する頻度や同じ服を着回す回数などをよく考えて選びましょう。

 

衣類を持っていく際のポイントは過不足のない丁度いい量を持っていくことです。
あれこれと持っていくのではなく本当に必要なものだけ持っていきましょう。

衣類で必要なものは?

日本一周の旅に必要な衣類は以下の3種類です。

  • タオル
  • 下着

服は夏であればTシャツ、冬であればトレーナーやパーカーなどがいいでしょう。

タオルですが、ハンドタオルを数枚持っていくことをオススメします。
髪の長い方や女性はバスタオル1枚だけなど最低限で押さえましょう。

下着は男性であれば靴下、パンツ。
ヒートテックなどもあるといいでしょう。

女性はブラトップなど着ていて楽かつ洗濯しやすいものを選ぶといいです。

 

 

スポンサーリンク

電子機器・ガジェット

旅の途中で出会った絶景を写真におさめたり、動画を撮ったり、SNSでシェアしたりしたいですよね。

そんな時に役立つものを紹介します。

電子機器・ガジェットで必要なもの

 

日本一周に持っていくべきもので僕が考える最低限のものは以下の3つです。

  • スマートフォン
  • 充電器
  • モバイル(orポータブル)バッテリー

スマートフォンがあれば写真も動画も撮れますし、SNSですぐにアップできます。

今ではデジカメにも劣らない画質の商品もありますし動画編集アプリなども充実しているためスマホ一台で旅の楽しさを気軽にシェアできちゃいますよ!

また充電器の他にモバイルバッテリーなどがあればコンセントが使えない場所でも充電できますし1つ持っておけば安心です。

 

スマホ一台でなんでもできる時代です。
余計なものを持って行かずに旅を楽しむならこれだけでも十分です!

 

より旅が楽しくなる電子機器・ガジェット

スマホが便利とはいえ、「やっぱり写真や動画はこだわりたい」という方やPCでブログや画像・動画編集をする方は以下のものを持っていってもいいですね。

  • 一眼レフカメラ
  • ビデオカメラ
  • アクションカム
  • ポケットWi-Fi

今ではミラーレス一眼が流行っていて初心者でも気軽に綺麗な写真が撮れるためオススメです。

また長時間の動画撮影やダイナミックな映像を撮りたい方はビデオカメラ・アクションカムを持っていくといいですね。

PC作業をする方はフリーWi-Fiがない所でもすぐにSNSなどにアップロードできるようにポケットWi-Fiを持っていくと便利です。

ちなみに僕もWiMAXのWi-Fiを一台持っていってます。

 

カメラなどがあればより旅を楽しむきっかけになりますね。
一眼レフカメラなどは重かったり場所をとりますし、さらに慎重に扱わないといけないものなので持っていく際は気をつけてくださいね!
スポンサーリンク

自炊道具

 

旅の醍醐味でもある自炊。
すべて外食で済ませるよなんて人もいらっしゃるかと思いますがせっかく旅をするなら持っておくといいです。

早朝の山の上で飲むコーヒー、寒い中食べるカップラーメン。
旅でしか味わえないロマンを感じることができます。

とはいえ持っていきすぎにも注意ですね。
荷物に負担をかけない程度の最低限のものを持って行きましょう。

 

旅で使える自炊道具

必要最低限かつ問題なく自炊できるものは以下の2つです。

  • カセットコンロ
  • クッカー

旅の自炊なんてだいたいお湯が沸かせればどうにかなります。
コーヒー作ったり、カップ麺食べたり、インスタントカレー温めたり。

もっと本格的に自炊するとなると、洗い物が増えたりして大変です。
キャンプ場などであれば大丈夫ですが道の駅などは基本的に洗い物NGなので。

洗い物を出さない方法としてはアルミホイルを利用したり、使ったらすぐティッシュで拭くなどの工夫があります。

 

コンロとクッカーがあれば最低限の自炊は楽しめますのでぜひお買い求めを!

 

 

スポンサーリンク

生活雑貨・消耗品

 

旅中も運転以外は普通に生活するわけなのでそれなりに消耗品や雑貨が必要です。

日本一周の荷物でもっとも余計なものを揃えがちなのもこの生活雑貨・消耗品ですのでよく考えて持っていくようにしたほうがいいです。

 

旅に必要な生活用品

旅中に頻繁に使うものは以下になります。

  • 洗面用具:歯ブラシ、歯磨き粉、化粧水等
  • ティッシュ
  • 衛生用品:爪切り、耳かき、髭剃り(男性であれば)
  • 生理用品(女性であれば)
  • 傘、レインコート

これらがあれば普通に生活していけるでしょう。

生活用品に関してはこれらの他にも各自必要なものがあると思うのでそれらと合わせて持っていくのがベストです。

またこれら消耗品に関してはコンにになどでも売っているので旅に出発してから揃えても遅くありません。

また、レインコートはなるべくいいものを買うことをオススメします。
安いものを使っているとすぐに浸水してしまい荷物が濡れてしまったり風邪をひいてしまいます。

特に自転車やバイクの運転中に雨が降ると余計冷えるのでレインコートはケチらず撥水性・耐水性に優れたものを買いましょう。

 

生活用品は各自必要なものを必要な分だけ持っておくようにしましょう!

 

スポンサーリンク

 

安全に気をつけて良い旅を!

旅の準備は大変ですが、これが終わればあとは出発するだけ!
今まで見たことのない景色や人たちとの出会いは一生の思い出になること間違いなしです。

こうした旅を最高な形で送るためにも「過不足なく必要最低限の荷物」を意識して旅の準備に励んでみてください。
一人でも多くの方の参考になれば幸いです!

 

日本一周の予算は?

 


プロフィール
この記事を書いた人
よねやん

車中泊で日本一周をしながら日本の魅力を発信中。主に車中泊情報や旅に役立つ情報をお届けしています。埼玉県出身。

よねやんをフォローする
日本一周雑談・アイデア
スポンサーリンク
よねやんをフォローする
WALK NIPPON
タイトルとURLをコピーしました