初めての松島遊覧船は「仁王丸コース」がおすすめ!予約や料金は?

宮城

日本三景として有名な松島は宮城観光では外せないスポットですよね。

そんな松島観光をより楽しくさせるのが遊覧船です。
松島湾の風に吹かれながら島々を巡ることができ、最高の思い出作りになります。

しかし実は松島から出る遊覧船には何種類かあり、

「どの遊覧船がいいのかわからない」「初めて乗るのにおすすめなのはどれ?」

と疑問を持つかたも多くいらっしゃいます。

そこで今回は松島観光の醍醐味でもある遊覧船に初めて乗るのにおすすめする船とコースを紹介します!

松島の定番!定期大型船「仁王丸コース」

大型遊覧船

松島湾を巡る遊覧船には、以下の3種類の船があります。

  • 定員400名の大型
  • 定員80~100名の中型
  • 定員12人以下の小型

初めて遊覧船に乗るという方には大型遊覧船をおすすめしています。

松島の大型遊覧船「仁王丸」は1時間に一本出航している定期船で、松島湾の主要な島を50分間かけて網羅できます。

あまり松島のことに詳しくない方でも楽しめるコースになっているため、初心者でも十分楽しめるでしょう。

 

中型、小型の遊覧船は松島湾の内側(通称、内松島)を大型船では浅くて近づけないところまで行く少しマニアックなものです。

一方の大型遊覧船は内松島だけでなく、松島湾の外側(通称、外松島)までぐるっと一周して中型や小型では見れない松島も一望できるコースになっています。

 

よねやん
よねやん

まずは大型に乗って松島の全景を眺め、その中で気になったところがあれば2回目以降に中型や小型に乗って大型では近づけない浅瀬の方までじっくり見るのがいいでしょう。

 

スポンサーリンク

予約は必要?

 

「仁王丸コース」の遊覧船は予約しなくても乗ることができます。

ただし、予約をしておけばスムーズにチケットを買うことができるので不安な方は予約しておくと安心です。

またGWなどの繁盛期には人が殺到することが予想されますので注意してください。

ご予約はこちらから

出航時間

午前午後
9:0013:00
10:0014:00
11:0015:00
12:0016:00(※)

※冬期(11/1~3/19)は休航

おすすめの時間帯は午前中です!

午後には観光客も増え始めて混雑するのでその前に遊覧船に乗って、午後はゆっくり周辺を観光するのがベストだと思います。

料金

大人1500円
子ども 750円
団体15名以上1割引

2階のグリーン席をご利用の方は大人600円、子ども300円の追加料金が発生します。

また、ホームページから入手できるこちらの割引チケットの提示またはネットでの予約で大人が1350円、子どもが670円まで値引きされます

遊覧船に乗るまで

電車で行かれる方は、遊覧船乗り場の最寄り駅の松島海岸駅で降車します。

松島海岸駅

 

駅を出てすぐ右に曲がると、観光案内所があります。
予約している人も、まだチケットを持っていない人もここでチケットを購入できます。

 

案内所

チケット

 

チケットを入手したら、遊覧船乗り場に向かいます。駅の前のロータリーに沿って左の道に進むと遊覧船乗り場という看板が見えます。

 

ロータリー

看板

 

看板通りに歩いていくと、「ようこそ松島へ」という文字が大きく見えてきます。
ここが遊覧船乗り場です。

チケットはここでも購入できるので、車でお越しの方は直接乗り場で購入してください。

 

遊覧船乗り場

 

遊覧船乗り場の入り口にはチケット売り場と待合室が併設されています。

こちらにあるチケット売り場でも予約しておいたチケットを受け取ることができます。

僕は1時間早くついてしまったので、待合室でゆっくりしていました。
ただ、年配の方も多く来られるので椅子には座らず松島湾をぼーっと眺めながら突っ立ってました(笑)

待合室はこんな感じです。
そんなに広くもなく、乗船前になると人であふれかえります。

奥には自動販売機とトイレもあります。
休憩するには十分。

 

待合室

待合室

 

乗船30分前くらいになると乗船場の近くに列ができ始めます。
窓側のいい席に座るには早く並ぶことが鉄則です

 

乗船場

 

僕はちょうど30分前くらいに並び始めましたがすでに結構列ができています。

10分もすると、後ろには長蛇の列が。

 

列

 

早めに並び始めてよかったと思いました。

僕より後ろの人は、真ん中の少し見ずらい席にしか座られていませんでした。

僕が乗った「第三仁王丸」の1階の普通席の配置は左に3列、真ん中に5列、右に3列だったので窓側の席または最悪左か右のどちらかの席に座れればよくみることができます。

 

席を選ぶ際は右側がおすすめです。
僕が乗った時は左側の窓際に座ったのですが、内松島では右側に島が集まっているため左側にはあまり見どころがなかったのです(笑)

 

もちろん、左側でも見れる島はありますので安心してください。

こんな感じで、人の頭が邪魔して反対側の島は少し見ずらいです(笑)

 

大型遊覧船

 

船内には、カモメへの餌やり禁止の張り紙が貼ってありました。
昔は船の外に出てカモメに餌をあげるのが流行ってたみたいです。

やってみたかったですね(笑)

 

餌やり禁止

 

遊覧時間は50分間でアナウンスもついていて通る島一つ一つ丁寧に解説してくれます。

アナウンスは途中で終わり、残りの15分ほどは自由に松島を眺める時間になっています。
船に揺られていると心地が良くなって眠くなってしまいます(笑)

船酔いの心配をされる方もいると思いますが、乗り物酔いしやすい僕でも心地よくて眠くなるくらいだったので全然大丈夫です!

松島を巡る50分の旅は時間がゆっくり流れるような最高の時間ですよ。

 

スポンサーリンク

 

アクセス

電車でのアクセス

松島海岸駅へは仙台駅からJR仙石線の普通石巻行きもしくは高城町行き約40分JR東北本線快速から高城町駅乗り換え約30分になってます。

電車は1時間に1,2本しか出ていないので行きの時間、帰りの時間はよく調べて計画を練ってから行くのがおすすめです!

 

車でのアクセス

東京方面から

東北自動車道から仙台南部、東部道路を経由して三陸自動車道へ。※いずれも有料区間です。

松島海岸ICから県道144号線に入ると松島海岸の表示があります

 

青森方面から

東北自動車道上り方面から仙台北部道路を経由して三陸自動車道へ。※いずれも有料区間です。

松島海岸ICから県道144号線に入ると松島海岸の表示があります。

 

駐車場

駐車場は松島海岸駅付近に10か所以上ありますので車で観光を考えている方でも安心です。

ただし車で行かれる場合、昼間の時間帯に観光客が増え道路も混みあいますので注意してください。

 

遊覧船でより良い思い出づくりを!

松島観光には遊覧船は外せないので、初めて行く方はぜひ大型遊覧船「仁王丸」で松島の魅力を堪能してみてください。

 

スポンサーリンク

プロフィール
この記事を書いた人
よねやん

車中泊で日本一周をしながら日本の魅力を発信中。主に車中泊情報や旅に役立つ情報をお届けしています。埼玉県出身。

よねやんをフォローする
宮城東北
スポンサーリンク
よねやんをフォローする
WALK NIPPON
タイトルとURLをコピーしました