ハノイで一番おいしいフォーを食べるならフォー・ティンがおすすめ

ベトナム

ベトナムに来てまず思いつく食べ物はフォーですよね!日本でも健康食として知られていて特に女性に人気のフォーですが、今回はハノイで一番おいしいと言われているおすすめのフォーのお店フォー・ティン(pho thin)を紹介します!

フォー・ティン(pho thin)

 

ハノイ駅からバイクで約10分、ハノイ旧市街からバイクで約7.8分の所にあるフォー・ティン(pho thin)ですが、ハノイでは大変有名な店らしく、行列ができることもあるくらいの人気店です。

メニューは牛肉のフォー(pho bo)のみで値段は50,000ドン(約230-250円)で食べれます。

ベトナム人の知り合いに聞いたところ、この辺でフォーを食べるならフォーティンが一番おいしいというお話を伺い「それは行くしかない」と思い早速行くことにしました。

他のフォーと何が違うのか?

正直フォーなんてどこのレストランや屋台で食べても一緒だろうと思っていたのですが、このお店のフォーを食べたら他のフォーが食べれなくなるくらいおいしかったのです。

 

そんなにフォーって味に差が出るのものなの?と思いますよね、フォーって意外とお店によって味に微妙な違いがあったりするのですが、どこのお店も基本的にそのまま食べても薄味なんです。

では、フォー・ティンのフォーは何がそんなにおいしいのかって話ですよ。

 

実はここのフォー、日本人に慣れ親しんでいる出汁のような味の深みがあるんです!

 

牛を長時間かけて煮込んだスープをそのまま使用しているため旨みとコクのあるフォーがいただけます。

基本薄味のフォーは卓上に置いてある調味料を自分好みの量で調整して食べるのが一般的です。しかし、このお店のフォーは調味しなくてもそのまま食べられるくらいおいしい。

なにか入れると逆にまずくなってしまうんではないかと心配するくらいです。

調味料で自分好みの味に

フォーティンの調味料

ベトナムでフォーを食べるとき全てのお店のテーブルの上に調味料が常備されています。地域や家庭によって入れる調味料が違うのですがライム、唐辛子、香草はどこへ行っても置いてあります。

僕は辛い食べ物が大好きなので、唐辛子を少し入れてライムを絞って食べてましたね。めっちゃおいしいですこれ。

 

ちなみにフォーは一般的に朝ごはんなのでフォーのお店は朝からやって夜はやく閉まることが多いです。フォーティンは有名店で外国人も多くやってくるため、長い時間営業しています。

 

またメニューも壁に英語表記されているため安心です。

そんなにおいしいのか?って疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、ハノイを訪れたらぜひフォーの食べ比べでもしてみてください。

 

地域によって違うフォーの食べ方

ホーチミンなど南部でフォーを食べるときはパクチーや香草が別皿で出てきますが、ハノイなど北部のフォーにはあらかじめネギやパクチーが入って出てきます。

パクチーが苦手な方もいると思いますので注文するときにがんばって伝えましょう。ちなみにパクチーは英語でcoriander(コリアンダー)というのも知っておくといいでしょう。

 

僕もパクチーが少し苦手で一度パクチーなしのフォーを注文したのですがパクチーが入っていないフォーはいまいちインパクトがなくおいしく感じなかったので、食べれないほどパクチーが嫌いじゃなければ多少我慢して食べたほうが本来のフォーを楽しめるかと思います。笑


プロフィール
この記事を書いた人
よねやん

車中泊で日本一周をしながら日本の魅力を発信中。主に車中泊情報や旅に役立つ情報をお届けしています。埼玉県出身。

よねやんをフォローする
ベトナム
スポンサーリンク
よねやんをフォローする
WALK NIPPON

コメント

タイトルとURLをコピーしました